2017年6月11日日曜日

シナリオでけた。

新作RPGのシナリオがエンディングまで書きあがった(;´ρ`)
初稿一か月。3回ほど書き直して結局トータル二か月半。
書いている途中で、「登場人物たちに元気がない」ってなって、
書き直し。

 書き直している途中で「最初にやりたかったことと、ずれてきてる」ってなって、
書き直し。

また途中で、「想定しているターゲット層のお客さんの期待に添える内容じゃない!」
ってなってまた書き直し。

 最終的には満足のいく出来になりました。
しかし、時間が掛かりすぎですね。

 コンセプトとターゲット層。
しっかり固めたから書き始めなアカンね……。
固めたつもりでもユルユルでしたわ。

 そしてストーリー展開も、たくさんの脇役も、
コンセプトに沿ってデザインせな。

 今まで何本かRPGを作ってきたけど、短編か、フリーシナリオだけだったので、
初めて長編ものの難しさを実感しました。

 次はキャラクターデザインに取り掛かろうと思います。
先が長いことを考えたら胃が痛くなってきました (+_+;)

あ、MacからWindowsに戻しました。
やっぱね。好きなキーボードが選べるってのがでかいです。
Macは純正品以外とは相性悪いですから。
あとテキストエディタのMery。こいつの使いやすさたるや!
この二つだけでも作業効率が全然変わる!

MacはXcode使うときだけ起動しよう。それまで封印じゃ。

2016年11月27日日曜日

macにしました

いずれiPhoneアプリを出したいということで、macPCを買いました。
(iPhoneアプリをリリースするためには必ずmacが必要なのです)

ってことで初めてのmacOSに悪戦苦闘中です。
Windowsは年々複雑になってきて使いづらかったのですが、
macはWindows以上のひねくれ者というか「クセがすごい!」
まるで私みたい・・・

一番困るのはキーの配置。
タイピング中にコピーペーストなどのショートカット類が、
Ctrlキーじゃなくてコマンドキーなところ。押しづらひ〜><;

テキストエディタ探しも難航です。
macだとWindowsのように選択肢が広くないですね。
私は色々試して、miというフリーのテキストエディタを選びました。

ちなみにWindowsではnanaterryという優れたアウトラインプロセッサがありましたが、
macには相当するフリーソフトがありません。
有料で探すしかなさそうです。

ところで、Androidちゃんマジ天使よね。
アプリとデータ。そしてショートカット。
どんな種類のデータで、どこにあるか直感的にわかる。超シンプル。
もうAndroidがパソコンを出せばいいのにね。

まあそれはいいとして、データを移して、
Unityとクリスタもインストールしたし、準備万端。製作再開です。

(画像は戦闘用のエフェクト作ろうとしています)

2016年8月27日土曜日

うに

Unityでゲームを作っています。

Unityはプログラミングが必要なので、今まで避けてきましたが、
続々リリースされるUnity製インディーズスマホゲーの波を見せられると、
自分にもできるはずや!
という気持ちを抑えることができなくなりました。

UnityではC#という言語を使います。

プログラミングは、C言語をかじった程度だったので、
オブジェクト指向をまず、理解するのが大変でした。

今までツクールやウディタを使ってきたので、
処理の途中にウェイトを挟めなかったり、
データベースやグローバル変数が無いことに、最初は戸惑いましたが、
慣れてくると楽しいです。

問題は時間。
なんぼあっても足りひん・・・なんぼあっても足りひんわ!!

仕事終わったら疲れてなんにもできないので、
20時には寝て、朝1時に起きてPCに向かう日々です。

あ、短編小説は1次落ちでした。

ではでは。

2016年6月5日日曜日

android版公開

(2016.7.3追記)
近いうちにandroid版の公開を停止するつもりです。
もし興味のある方は、早めのダウンロードをお願いします。


理由は動作の不安定を解消できないためです。
ネットで調べたり、本で軽く勉強しましたが、解決策がわかりませんでした。
私はプログラマーではないので、これ以上突っ込む気もありません。




ティラノゲームフェス2016応募作品
「縦ロールはなびかない」android版はこちらからダウンロードできます。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.doronotakadono.tateroll
対応機種はandroid4.4以降の機種になりますが、ram容量が2GBはないとキツイと思います。




今まで、RPGツクール2000や、ウルフエディターを使用してwindows向けのRPGを作ってきましたが、html5ベースのティラノスクリプトは初めてで、さらにそれをandroid化するにあたり、ひどく苦労しました。


PC版を公開してからandroid版を公開するまで1週間以上試行錯誤をしました。
いまだに試行錯誤中です。


現状分かっている問題です。


●RAMの少ない機種だと、動作が不安定
新しい画像を読み込んだり、音楽を再生するたびに動作が重くなっていき、
やがて画像が表示されなくなったり、音が鳴らなくなったりします。


●バックグラウンドで音が鳴り続ける。
これも鳴ったり鳴らなかったり。
またバックグラウンドから復帰した時に画面の位置がずれたりします。


毎回同じ動きをしてくれないのが厄介ですね。
これらはティラノスクリプトで作られた他の作品を遊んでも同様の現象が見られます。
なんとか回避できないものか勉強してみます。。。

2016年5月28日土曜日

縦ロールはなびかない

ティラノゲームフェスのサイトからプレイできます。
http://tyranobase.com/games/show/64
15分以内にクリアできる短編RPGです。よろしくお願いします。
 

今回、スマホアプリ化の研究が目的だったため、縦長の画面で制作しましたが、
フェスの締め切りまでに間に合いそうに無かったので、とりあえずPC向けのみです。

今後スマホ対応を目指します。
具体的には[preload]タグを使って、画像や音声を先行読み込みして、
loading画面を用意して・・・といった処理が必要になるでしょう。

android実機テストはすぐにできそうなのですが、問題はiphone。

iphoneアプリ開発があんなにお金が掛かるものとは知りませんでした!
(macPCが必要なうえ、年間11800円の登録料が必要。iphone実機も高い)

ゲームを作りだす前に調べとけ、って話ですよね(汗)
ってことで、iphoneアプリ化は見送りです。

2016年5月15日日曜日

制作中!

ゲームの登場キャラクター達です。
左下の青年が主人公です。
これからシナリオ制作に入ります。
スチルを描く余裕はあるだろうか・・・
オラに力を分けてくれ!
 

2016年5月7日土曜日

制作中ゲーム

5月末締め切りのティラノゲームフェスに出すためのRPGを、休日をすべて捧げて作っています。
とりあえず、マップやバトル、メニューといった、全てのシステムが完成しました。
モンスターや背景のイラストは、以前作ったRPG「ロマンピースを探して」から丸々流用します。
マップは描き途中。

・・・後はシナリオとキャラクターイラストレーションが丸々残しています。

シナリオは大筋は決まっていますし、5分程度の短編なのでそんなに工数は掛からないですが、問題はイラストです。

今までキャラクターイラスト担当を募集していましたが、結局、お声を掛けてはいただけませんでした。もう期限が迫ってしまったので募集は諦めました。